ケース別水漏れトラブルの対処法について

ケース別水漏れトラブルの対処法について 水のトラブルはいつ起こるか分からないものです。トイレ、浴室、キッチンなどの水は今や生活のなかで使うのが当たり前であり、トラブルも発生しやすくなります。おかしいと思ったときにすぐ点検や修理を行うことが大切であるとともに、急な水漏れを防ぐことも意識しないといけません。それぞれの症状から適切な対応ができるようになれば、いざというときに困ることは少なくなるものです。

■トイレのつまりは前兆に注意

トイレの水が流れない、あるいはつまるといった症状の場合は、まずラバーカップを使ってつまりの解消を目指しましょう。とくに固形物のつまりに効果を発揮しやすく、多くの場合解消できます。それで無理な場合は、専門業者に依頼するのがよいでしょう。流してはいけないものをトイレに流してしまったことが主な原因となります。トイレの水が流れなくなってつまるに至るまでには何かしらの前兆があります。水流が弱くなった、あるいは水を流してから水位が上がったといった場合は注意が必要です。さらに、便器にたまっている水がなくなることが多くなったという場合においても同様です。トイレを流す際にいつもと違う水の音が聞こえてきたら、便器やタンクで異常がおきている可能性もあります。

■浴室はこまめな掃除が大切
浴室の水漏れやつまりの場合の対応はそう難しくありません。部品の緩みが原因であることが多く、締めることで改善できることも少なくありません。つまりに関してはまずゴミを取り除くことが大切です。市販で売られているパイプクリーナーを活用し、掃除をすることで予防ができます。蛇口は部品に緩みがないかを確認し、バスタブはきれいにすることを念頭においての対応をしましょう。排水口のつまりは重曹3に対し、クエン酸1の割合で混ぜた物を使用した掃除がおすすめです。重曹とクエン酸の混合物と水を流し、30分置いておき、すすいで完了です。シャワーヘッドも緩みがないかを確認し、何も異常がない場合は交換も視野に入れた方がよいでしょう。

■キッチンや洗面所の場合の対応

キッチンの場合はシンクのつまりが水漏れの原因となることが多いです。ラバーカップを使って取り除くとともに、パイプ専用の洗剤を使って詰まっているものを溶かしましょう。小さなゴミを流してしまうことによってつまりが起こるため、排水口にネットをつけることで予防効果があります。パイプの場合は部品の緩みがないかを確認し、劣化している場合は新しいものに交換しましょう。洗面所の場合は部品の緩みがないかを確認することが大切です。さらに、普段からゴミを取り除き、排水口の掃除もこまめに行うようにしましょう。洗濯パンも同様にゴミを取り除き、洗剤でつまりの解消を目指すのが肝心です。
すべての水のトラブルにいえるのは、必ず止水栓を止めてから作業に取りかかる必要があるということです。自分で対応するときに水があふれてしまうと大惨事につながってしまいます。焦って作業することで被害を拡大させないためにも、きちんと止水栓を確認しましょう。

■まとめ
お風呂や浴室、キッチンは、場所ごとに水漏れトラブルの対処法を覚えておけば、いざというときに役立つはずです。ただし、自分で対処できるトラブルには限界があります。そのようなときは費用はかかっても専門業者に依頼することで、スピーディかつ確実に直してもらえます。
水のトラブルは普通通りの生活を送っていても起こりえるものですから、油断せずに予防に努めることが大切です。日頃の予防は大きな水のトラブルを防ぎやすくすると同時に、修理費用を抑える効果も期待できます。水まわりのこまめな掃除と、異変のチェックを習慣にしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース